• 最新情報
  • 習いごと

[2016/05/26]

シラセさんぽ 平塚漁港周辺へ 地域・観光・歴史

新鮮な魚をもとめて

この記事をクリップする

  • シラセさんの部屋
  • 連載コラム

shirase_sanpo_141227_1 湘南リビング新聞社契約スタッフ、湘南の物知りシラス・シラセさんが湘南各地を巡ってさまざまな魅力を“お知らせ”するコラム「シラセさんぽ」。今回は、平塚漁港周辺を歩きます。


平塚漁港に4 月から愛称が!
ひらつかタマ三郎漁港

「平塚漁港」とは、新港と須賀港の2 カ所のこと。平塚市漁業協同組合がネーミングライツパートナーとなり、今年4 月から「ひらつかタマ三郎漁港」の愛称で呼ばれるように。ひらつかタマ三郎とは、平塚の漁業PR キャラクター。朝市などで活躍しています!

平塚の漁業PRキャラクター・ひらつかタマ三郎

こぢんまりと風情ある須賀港

相模湾に面した新港

相模湾に面した新港

 

しらす漁専門の漁師さんが自ら水揚げした地元のしらすを、生のほか、釜揚げ、沖漬けなどにして直売。釜揚げしらすは保存料、香料などを使わずに、粗塩のみでゆで上げ、柔らかでうま味たっぷり。自家製のしらすのつくだ煮やちりめんじゃこも販売しています。生しらす1 パック600 円など。

160528-23

平塚市千石河岸53- 7。8:30 ~17:00。※しらす商品は漁獲量、時期により品切れの場合あり。電話で確認を。
☎ 0463-22-7260
http://www.maruhachimaru.com

 

老舗の手作り干物
高甚商店

創業100余年の老舗の干物は、魚一匹一匹をさばくところから手作業で作られ、ほどよい塩加減が評判。店頭には定番の鯵やエボダイ、金目鯛のほか、太刀魚の干物など約20 種が並び、直売だからこその手ごろ感も♪

特大あじの干物は1枚250円

一日2000~3000匹ほどを手でさばくそう

平塚市千石河岸51-2。10:00 ~16:30。水曜・祝日休み、日曜不定休。
☎ 0463-21-0899
http://takajinshouten.jp

 

朝どれ鮮魚だからおいしい!
平塚漁港の食堂

その日の朝に水揚げされた新鮮な魚が食べられる人気店。写真は「おまかせ刺身5 点&地魚フライ膳」1480 円(税別)。この日はカマス、イサキ、ブリ、タチウオ、カワハギの刺身に、サバとブリのフライ。ごはん、味噌汁、小鉢、香の物も付いて内容充実。ほかにも丼や定食などを用意。国の6 次産業化事業に認定された平塚市漁業協同組合の直営店です。

160528-26

平塚市千石河岸51-14。11:00 ~ 15:00(魚が無くなり次第閉店)。月曜休み(祝日の場合は翌火曜休み)、火曜不定休。
☎ 0463-86-6892
http://shokudo.locologi.jp