• 最新情報
  • 習いごと

[2017/01/26]

シラセさんぽ 平塚・前鳥神社周辺へ 地域・観光・歴史

酉年!ご利益スポット

この記事をクリップする

  • シラセさんの部屋
  • 連載コラム

shirase_sanpo_141227_1 湘南リビング新聞社契約スタッフ、湘南の物知りシラス・シラセさんが湘南各地を巡ってさまざまな魅力を“お知らせ”するコラム「シラセさんぽ」。今回は、酉年にピッタリのご利益スポット、平塚・前鳥神社周辺を歩きます。


“先取り”で願いがかなう⁉
前鳥神社

20170128-14

“前鳥(さきとり)”の名は、平安以前の地名。905 ~ 927 年編さんの法制書「延喜式」で全国の著名な神社をまとめた神名帳に記載がある、歴史ある神社です。ご神徳・前鳥大神(菟道稚郎子命)は第15 代応神天皇の皇太子で学問の神としてあがめられています。境内は、けやきの木などに囲まれ、「平塚八景」にも選ばれています。
平塚市四之宮4-14-26(平塚駅北口からバスで「前鳥神社前」下車徒歩約3分)。ご朱印・お守り=8:00~17:00、祈祷受付= 9:00~16:30。
☎ 0463-55-1195 http://www.sakitori.jp

 

幸せを“とり(酉)こむ”だるま
荒井だるま屋

20170128-15

創業150 余年の「荒井だるま屋」では、伝統的な相州だるまをはじめ、干支だるま、招き猫など、一つ一つ丁寧に手作り。顔つきもそれぞれ異なり、「“感謝のだるまを作る”という代々の教えを大切にしています」と話すご主人の人柄がにじむ、優しい表情です。今年の干支・酉のだるまは、背中に「八方除」の文字も書かれ、かわいらしさが目を引く酉の張り子は、親子で飾ると“幸・福”の文字になります。あらゆる願いをかなえてくれるという縁起物のだるまで、 幸せを“とり(酉)”こんで!
平塚市東八幡4-11-22。9:00~18:00。
日曜、祝日休み(年末不定休)。
☎ 0463-21-6096 https://arai-darumaya.com/

 

富士山の爽快な眺めを
湘南銀河大橋

20170128-17

相模川にかかり、平塚と寒川をつなぐ「湘南銀河大橋」は、長さ約500 mの白色が美しい斜張橋。富士山や箱根の山々などが視界に飛び込んでくる、開放感ある「富士見百景」の一つです。
平塚市四之宮