• 最新情報
  • 習いごと

[2016/03/03]

まちを知る英会話コラム「Welcome to Shonan !」~弁財天と五頭龍の恋物語~ 地域・観光・歴史

まちが分かる豆知識とワンフレーズ英会話を紹介!

この記事をクリップする

  • 連載コラム
地元のあれこれを再発見&英語も学べる!新コラムがスタート!!

外国人旅行者を湘南でも多く見かける昨今。2020 年には藤沢市・江の島で東京五輪が開催されることもあり、今後も海外からの訪問者が増えそうです。もしも会話ができたなら…。簡単な英語を学びながら地元のことを改めて知ってみませんか。

160123tt-11

もしもこう尋ねられたら…
Q . We see many statues of “dragons” in Enoshima. How does it come?
江の島では多くの“龍”の像を見かけます。なんでですか?

A . It is based on the legendary love story between Benzaiten (celestial maiden) and Five-Headed-Dragon written in 11th century.
それは、11世紀に書かれた弁財天(天女)と五頭龍の伝説的な恋物語に基づいています。

ワンポイント解説
“How does it come?”は「なんで?」とわけを尋ねたいときに便利なフレーズなので覚えておくと使えそうです。

江の島にはいろいろな〝龍〟の像があります。その数50体。ぜひ島内で探してみて!(写真は龍宮大神)

●まち豆知識
弁財天と五頭龍の恋物語。悪さばかりしていた5つの頭を持つ龍が、ある日江の島に降りた天女に一目ぼれ。これまでの行いを悔い改めると誓い、結ばれます。以後、体を張って村を守りますが、そのたびに力が弱り…。最後には山になって村を守ると言い、竜口山になったとか。
「江の島縁起」より

監修: 藤沢市観光協会