• 最新情報
  • 習いごと

[2018/04/05]

湘南から 近未来を発信!(湘南 2018年4月7日1457号) 生活・経済・教育

さがみロボット産業特区

この記事をクリップする

  • イベント
写真提供ⒸTEZUKA PRODUCTIONS 手塚プロダクションが手掛ける、さがみロボット産業特区スペシャルアニメ 「ROBOT TOWN SAGAMI 2028」はWEB で公開中。「さがみアトム」で検索を

写真提供ⒸTEZUKA PRODUCTIONS
手塚プロダクションが手掛ける、さがみロボット産業特区スペシャルアニメ「ROBOT TOWN SAGAMI 2028」はWEB で公開中。「さがみアトム」で検索を

4 月7 日は「鉄腕アトム」の誕生日です。「鉄腕アトム」は「さがみロボット産業特区」のイメージキャラクターも務めています。神奈川県が推進している「さがみロボット産業特区」には、県内の研究開発人口約5 割が集中し、全国トップレベルのロボット関連産業が集積しています。対象地域に含まれる藤沢市、茅ヶ崎市、平塚市では、ロボットに関するさまざまな実証実験などが実施されています。そこで今回は湘南エリアで活用・実証が行われている事業を紹介します。

20180407-42

 

20180407-47

20180407-43人との快適なコミュニケーションが行えるよう「富士ソフト㈱」が開発・設計した身長約40㎝の「パルロ」。会話・歩行能力のほかに、ネット接続機能、記憶する人工知能を兼ね備えています。
体操やクイズ、リクエストがあれば歌やダンスもこなす小型ロボットは、2014年から「介護老人福祉施設藤沢富士白苑」(藤沢市長後)に導入され、介護支援ロボットとして活躍。マイペースで、相手の目を見て話せるパルロは、利用者から「孫のような存在」として愛されています。

20180407-49

最高時速は約3㎞。手をグリップの上に乗せ、進みたい方向に軽く力を加えると、センサーが力を感知して、指示通りの方向に動きます

最高時速は約3㎞。手をグリップの上に乗せ、進みたい方向に軽く力を加えると、センサーが力を感知して、指示通りの方向に動きます

「日本精工 新領域商品開発センター」(藤沢市鵠沼神明)が、視覚障がい者の移動を支援するために開発した「ライボット」は昨年実用化。県内の「神奈川リハビリテーション病院」(厚木市)で運用中。タッチパネルから目的地を選択すると、地図情報などから現在地を把握して高齢者や視聴覚障がい者などの利用者を誘導。障害物も回避できるライボットは、総合受付から診療科までの誘導役として活躍しています。

20180407-48

腕につけたアールエフID リーダーが、引き出しについたタグを読み取り、薬の場所を特定

腕につけたアールエフID リーダーが、引き出しについたタグを読み取り、薬の場所を特定

薬剤師の業務負担の低減、提供ミスの改善を目的に、㈱シャンティが開発した調剤薬局支援システム。ゴーグル型のディスプレイ・ホロレンズ(マイクロソフト社)に、指に装着するセンサーを組み合わせ、処方箋に記されたQRコードや文字情報を基に、薬剤師をナビゲートする実装実験が、昨年11月、「あけぼの薬局辻堂駅前店」(藤沢市辻堂新町)で行われました。今後は、画像認識での監査アシスト機能を搭載し、5月に販売される予定です。

 

20180407-50

2011年県内で初めて、湘南藤沢徳洲会病院(藤沢市辻堂神台)に、内視鏡下手術支援ロボットとして導入されました。肉眼の10倍の視野を得ることができる上、人間の手以上の複雑で繊細な手術が可能。また、傷口が小さくすみ、回復が早いのも大きな特徴です。同院では、公的保険が適用されている前立腺癌全摘手術にダ・ヴィンチが使用されています。
今年度の診療報酬改定で子宮悪性腫瘍など12件が保険適用されることになり、今後、ますます運用の幅が広がっていきます。

20180407-46

専門の医師が離れた位置から操作する「ダ・ヴィンチ」。導入からの症例数は420件を超えています

 

20180407-51

取材協力

▶PALRO
介護老人福祉施設 藤沢富士白苑 ☎0466-45-3815

▶ホロレンズ
㈱シャンティ ☎03-6873-6419

▶LIGHBOT™
日本精工㈱広報部 ☎03-3779-7614

▶ダ・ヴィンチ
湘南藤沢徳洲会病院 ☎0466-35-1177