• 最新情報
  • 習いごと

[2017/08/17]

いつの世も平和を願う大船観音 地域・観光・歴史

大船観音寺

この記事をクリップする

  • 地域特派員

地域特派員

Mitsy

Mitsy

これまで、いろいろなところに住みました。住んでみないとわからないことがあるものです。そんな経験を活かし、藤沢に住む者ならではの地元の情報や魅力を伝えていきます。

JR大船駅に近づくと車窓からも見ることのできる大船観音。この観音様がいらっしゃる大船観音寺に原爆の火があるのをご存知でしょうか。

大船観音(白衣観音)

大船観音(白衣“びゃくえ”)観音

私も訪れて初めて知りました。
ofuna_hitoofuna_hi
広島に投下された原子爆弾によって燃えた市街地の中、その残り火をカイロに移して自宅に持ち帰った方がいます。その火は守り続けられ、1968(昭和43)年8月6日に福岡県星野村役場に建立された「平和の塔」に移されました。そして、1990(平成2)年にこの「平和の塔」から分火され、今も灯っています。(参拝の際に頂いたリーフレットより)

建立の由来については、このパンフレットに詳しい

建立の由来についてはこのパンフレットに詳しい

どうして大船観音寺に原爆の火や慰霊碑などがあるのでしょうか。
当時、神奈川県原爆被災者の会が慰霊碑建設の場所を探していたところ、大船観音寺に建立されることとなり、1970(昭和45)年に完成。その後、1985(昭和60)年に平和祈念塔、1990(平成2)年に原爆の火の塔が建立されました。(かながわ原爆犠牲者慰霊碑由来より)

左から平和祈念塔、原爆慰霊碑と折鶴飾り台、原爆の火の塔

左から平和祈念塔、原爆慰霊碑と折鶴飾り台、原爆の火の塔

原爆犠牲者慰霊碑には、広島の爆心地の西蓮寺と長崎の浦上天主堂からそれぞれ石が寄贈されました。それらの石は、ビキニで被爆した第五福竜丸の遺品とともに千羽鶴が刻まれた橇(そり)に乗せられ被爆者が平和に向かう姿を表しています(慰霊碑説明版より)
今年は10月に慰霊祭が行われる予定で、毎年100名ほどの神奈川県原爆被災者・関係者が集まるそうです。
また、原爆の火の塔の隣には戦没者慰霊碑もあります。今年は7月に戦没者慰霊祭が行われたそうです。

戦没者慰霊碑

戦没者慰霊碑

大船観音は、観音信仰を広めようという人々により、1929(昭和4)年に建設に着手されたものの、戦争により中断。1957(昭和32)年再開され、1960(昭和35)年4月に完成しました。
このような経緯からも、大船観音は、戦没者を慰め、平和を願うシンボルとして存在しているように感じます。

観音様の内部

観音様の内部 左に1/20の大きさの大船観音様、右に千体仏がある

観音様の中に入りますと、大船観音修復工事過程のパネル展示や終戦60年を機に制作の始まった千体仏があり、こちらでも戦没者への追悼と平和への願いが脈々と受け続けられていることを感じます。

アジア各国では観音信仰があることから、多くの外国人観光客も訪れている大船観音。
今年も9月9日(土)に「ゆめ観音フェスティバル」が開催されます。国際色豊かな出店やステージのほか、17時からは、平和の法要、萬灯供養、キャンドルナイトも開催され、先に紹介しました原爆の火が使用されるそうです。「つながるひろがるアジアの願い」をスローガンに、国や人種、宗教を超えて平和の火と願いがひろがるこのイベントは、今回19回目を迎えるそうです。

広島・長崎原爆の日や終戦記念日があり、戦争や平和について考える機会も多い8月、また、9月開催のこのイベントを機に、皆さんも大船観音寺を訪れてはいかがでしょうか。

観音最中、3色セットは、大船観音寺限定販売です。
参拝記念やお土産にぜひ!
ofuna_monaka

 

大船観音寺

鎌倉市岡本1-5-3
電話 0467-43-1561
HP http://www.oofuna-kannon.or.jp/
JR大船駅西口より徒歩5分
駐車場  なし
参拝料
大人: 300円 (高校生以上)
子供: 100円 (小・中学生) ※幼児は無料
団体: 200円 (20名様以上)
障害者手帳、護持会・鎌倉市福寿手帳をお持ちの方は、ご提示ください。(入場無料)
拝観時間
(2月〜10月)9:00~16:50
(11月〜1月)9:00~16:20

【ゆめ観音フェスティバル】
9月9日(土)開催
11時〜出店・出展
12時〜ステージ
17時〜平和の法要、萬灯供養
18時〜キャンドルナイト
※詳細はHPにて http://soto-zen.net/yume/
Yume_2017_omote