• 最新情報
  • 習いごと

[2015/03/12]

いざという時を考えるきっかけに 地域・観光・歴史

未来の防災を担う子どもたちに伝えたいこと

この記事をクリップする

  • イベント
  • 連載コラム

子どもたちに身を守る方法を─
大磯高校生徒が「防災教育動画」製作

大磯町での贈呈式で

災害から身を守る知識を子どもたちに楽しく学んでほしいと、大磯高等学校SF 研究部の生徒が「防災教育動画」を製作し、この冬、市外局番0463 地域の3 市2 町の小中学校に贈呈しました。
NPO 法人「0463 チャレンジセンター」が企画し、東海大学復興支援サークル「Team the same sky」の協力を得て、4 月~ 11 月にシナリオ作成から撮影・製作まで手掛けました。小学生向けと中学生向けがあり、「楽しみながら学べる映像を」と、小学生向けにはクイズや、同部のヒーロー「磯高戦隊イソホークス」を登場させるなど工夫。撮影時、「防災について学ぶことが多い」と話し、生徒自らも知識を深めていた様子。地域の協力を取り付け作り上げた、小学生向け「イソホークスとまなぼう!」と中学生向け「キミの守り方」はYouTube で公開中です。

3/15(日)10:45 ~ 16:00 平塚駅北口で
「ひらつな祭4」子ども対象スタンプラリー開催

昨年の「ひらつな祭」から。今年も防災体験ブース出展

“楽しく「防災」を考えよう”と毎春平塚駅北口で行われている「ひらつな祭4」。今年は、3/15(日)10: 45 ~16:00、紅谷パールロード商店街・まちかど広場周辺で行なわれます。子ども対象のスタンプラリーを開催。防災・市民団体が20、飲食18 店出店。5 つの体験ブース中、3 ブースで写真の「ぼうさちゃん&まもるくん缶バッチ」が1個、5 ブースで2 個もらえます。
「平塚パワーズ」では、未就学児対象の防災消火ゲームと災害時に役立つアイデアロープワークを、「平塚JC」では、クイズ形式で行う目指せ防災マスターや防災カルタ遊びを開催。参加ブースの場所は、ラリー用紙配布の「災害から未来を守る会」へ問い合わせを。fukkou_150314_2
14:00 ~ 14:45 には「MEGAHORNwith TAKANORI」のゲストライブ&トークショーを予定。
ほか岩手県大槌町と平塚市内の子どもたちが描いた児童画約600 点を15(日)までOSC 湘南シティで展示中。
問い合わせは問同祭公式サイト、http://emilab.jp/ht/

知 ろ う ! イ ベ ン ト 情 報

★二宮町防災講演会~安心安全なまちづくりに向けて~   3/14(土)二宮町町民センター
3/14(土)9:30 ~ 12:00、二宮町町民センター大ホールで。横浜地方気象台防災気象官の石森啓之さんが「平成26 年度日本を襲った自然災害から学ぶこと」と題し講演。終了後意見交換会を予定。申し込み不要、直接会場へ。定員200 人。問い合わせは二宮町防災安全課、TEL 0463(71)3311 内線320

★大磯市 南三陸の魚介類を販売  3/15(日)大磯港
fukkou_150314_43/15(日)9:00~14:00、大磯港で。約170 が出店する朝市。「NPO 大磯だいすき倶楽部」と「大磯町災害時救援ボランティアの会」では、宮城県南三陸町の魚介類を販売。ゆでダコやサケのくんせい、ワカメなど。収益金は南三陸町支援に寄付。問い合わせはこみゅにてー・パティオ海鈴、TEL 0463(61)0476

★防災耐震セミナー  3/28(土)茅ヶ崎市役所分庁舎6 階
3/28(土)講演10:00~11:30、無料耐震相談会11:30~15:00、茅ヶ崎市役所分庁舎6階コミュニティホールで。木造住宅耐震研究者の坂本功さんが、阪神淡路大震災での被害や住宅耐震化による減災を解説。無料。定員200 人、要申し込み。問い合わせは茅ヶ崎市建築指導課、TEL 0467(82)1111、FAX 0467(57)8377