• 最新情報
  • 習いごと

[2017/05/08]

実写版「美女と野獣」フルオーケストラの生演奏付で堪能♪ 文化・スポーツ

この記事をクリップする

  • イベント
  • 地域特派員

地域特派員

dokin

dokin

湘南エリアに引越してきてもうすぐ3年! お菓子作りにパンコネ、カフェ巡りそして器や雑貨が大好きな兼業主婦です。まだまだ知らないことがだらけのことだらけのこの土地で、ワクワクできるコトやモノを沢山発見できたらいいなと思っています。

今年度から地域特派員となりましたdokinです。
まだ知らないこの地域の魅力をいろいろ発見してみなさんにご紹介できればと思っています。 どうぞよろしくお願いします

さて、緊張の初リポートですが、、、、エンターテインメント!              住んでいる地域を飛び出して(初回から地域情報でなくてすいません)         おでかけVerでございます(笑)

4月21日に日本でも劇場公開となり
何かと話題となっている実写版「美女と野獣」

6

今回はその作品をフルオーケストラの生演奏付で鑑賞するという
聞いただけでワクワクしてしまう上映会に行ってきました

5

ライブ・オーケストラって何?って方に説明しますと。。。。
「映画のセリフや効果音はそのままに、劇中に流れる音楽をオーケストラが演奏
 映像・音楽の迫力は、臨場感を増幅させ、記憶に残る名シーン・
 登場人物の心理模様までもがより鮮やかに響いてきます」 というものです
(↑↑以上、公式ページより説明文拝借いたしました

今まで「インディ・ジョーンズ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など
名作映画がこのオーケストラの生演奏付きで上映されたことがあるそうですが
劇場公開中の映画作品での開催は世界初とのこと
しかも日本は世界初演の地ということで何ともプレミアム感ムンムン 

15時の開場時間より早くつきましたがすでに入場を待つ方々が沢山

1
主人公のベルの衣装にちなんだベルイエローのワンピースなどに
身を包んだ女の子達もチラホラ

受付を済ませたホワイエには
ヤ〇ル〇さんのブースもあってローズ味のジョアを
来場者たちに無料で配布するサービスもありました
私達もいただきゴクリ

3

美女と野獣のフォトブースもあり
バラに囲まれながらフォトシューティングができました

4

トイレも済ませていざ会場内へ!!!
ステージ上空には巨大なスクリーンが吊り下がり
その下にはドーンとフルオーケストラのセットが
うわー!!凄ーい

 

※会場内は撮影一切禁止だったのでオーケストラセットや                 スクリーンの写真が一枚もなく状況がお伝えできずすいません

ビーーという開演の合図の後
オーケストラ、コーラス そして最後に指揮者の方が入場して上映会スタート!

指揮はニコラス・バック氏(厚切りジェイソンに似ているとウワサ 笑)
オーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団

にゃんとディズニー映画が始まる時にいつも流れる「星に願いを」の部分からもう
生演奏なんなんです かか感激

指揮者のところにはモニターがあり
太鼓の達人の画面のようなものがでて曲の始まりのきっかけや
テンポなどがわかるようになっていました
私、この画面があってもずれそう。。。。

オーケストラの演奏は映像にあまりにもマッチしていて
いい意味でなんの違和感がなくびっくり
スクリーンの下をみると演奏している手の動きなどもみれるし
上をみればキレイな映像に没頭することもできるし
なんとも贅沢で不思議な感覚でした

ちなみに上映会は二部構成になっていて間に20分休憩をはさむ形式

2
映画の上映で休憩を挟むなんてえーって感じだったけど
映像に合わせてサウンド・トラックを忠実にシンクロ演奏するって
とても集中力使うし本当に大変だなと実際に見てみて納得

「美女と野獣」のお話しはディズニーのアニメ版、                    劇団四季のミュージカル版と今まで観てきて大ファンだったので              今回の実写版がどんな感じなのかとても楽しみにしていたのですが
アニメ版とは良い意味で違ったアレンジがされていて更に良かったです
エマ・ワトソンはじめ周りのキャラ達も素敵で

生まれて初めて映画×フルオーケストラ
ライブ・オーケストラを体験しましたが感動倍増
これハマリそうです 違う作品でも見てみたい
今回の東京・大阪公演は終了してしまいましたが、
皆さんも機会があったら是非お試しくださーい