• 最新情報
  • 習いごと

[2017/11/02]

「ワンネーションカップ2018」湘南大会に向け覚書締結 地域・観光・歴史

この記事をクリップする

  • 湘南ニュース
10/13、平塚市内のホテルで行われた覚書締結式

10/13、平塚市内のホテルで行われた覚書締結式

茅ヶ崎市・平塚市・大磯町の広域連携事業として、来年5月に開催される15歳以下の国際的なサッカー大会「ワンネーションカップ2018湘南大会」に向け、10月13日に覚書の締結式が行われた。
当日は、大会発案・主催者であるドイツの公益法人スポルトガルデンのチェアマン、ハンスーウルリッヒ・バルデさんのほか、同湘南大会実行委員会の奥寺康彦委員長、開催パートナーの2市1町の首長、湘南ベルマーレの眞壁潔会長などが出席。
2006年にドイツで始まった「ワンネーションカップ」は、単に大会での勝利を目指すだけでなく、国際交流なども目的に実施。第6回の湘南大会では、日本・ドイツ・トルコ・ロシア・南アフリカ・アメリカなどを参加予定国に、2市1町の公共施設が競技会場などに利用される。